中国ー上海協力機構地方経済貿易協力モデル区


2018年6月10日、習近平主席は上海協力機構加盟国元首理事会第18回会議で、「中国政府は青島に中国―上海協力機構地方経済貿易協力モデル区を建設することを支持する」と発表した。

图片关键词

上海協力機構モデル区は国の対外活動の大局に奉仕し、地方の使命担当を強化する上で重要な政治的意義を持つ。国務院は「中国―上海協力機構地方経済貿易協力モデル区建設全体方案」の回答の中で、党中央や国務院の決定と配置に基づき、上海協力機構モデル区は「一帯一路」国際協力の新たなプラットフォームを構築し、国際物流、現代貿易、双方向投資、ビジネス・トラベル文化交流などの分野における協力を展開し、「一帯一路」新ユーラシアランドブリッジ経済回廊建設と海上協力における青島の役割をより良く発揮し、中国と上海協力機構加盟国とのコネクティビティを強化し、陸海内外連動、東西双方向が助け合う開放局面の形成を推進するために力を入れる。


图片关键词


地理的位置

上海協力機構モデル区は沿海開放都市青島の膠州湾北岸に位置し、総面積は108平方キロメートルである。東は日韓に隣接してアジア太平洋地域に面し、西は上海協力機構加盟国、南はアセアン、北はモンゴル、ロシアに接し、明らかな地理的な優位性を持っている。

图片关键词

建設全体方案によると、上海協力機構モデル区の実施範囲は膠州経済技術開発区内にある。また、青島市「海、陸、空、鉄」交通中枢の15分間経済圏内にあり、海陸空鉄総合交通網の中心という地理的優位性を持ち、「一帯一路」新ユーラシアランドブリッジ経済回廊建設と海上協力における青島市の役割をよりよく発揮できる。青島膠東国際空港から10キロ、青島前湾港から15キロ、鉄道ターミナルである上海協力機構複合一貫輸送センターから15キロ、青島市中心部まで車でわずか30分、海陸空鉄複合一貫運輸においては効率の高い連携が実現できる。


图片关键词

上合青岛多式联运中心

上海協力機構青島複合一貫運輸センター

胶东临空经济示范区

膠東臨空経済モデル区

前湾港

前湾港

青岛港

青島港

中铁联集

中鉄連合国際コンテナ社

胶州北站

膠州北駅

红岛站

紅島駅

青岛北站

青島北駅

青岛站

青島駅

黄岛站

黄島駅

青岛胶东机场

青島膠東空港

青岛流亭机场

青島流亭空港

中国—上海合作组织地方经贸合作示范区

中国―上海協力機構地方経済貿易協力モデル区


目標と位置付け

上海協力機構モデル区は青島海陸空鉄総合交通網の中心としての地理的優位性を十分に発揮し、港湾、陸港、空港、鉄道の共同輸送機能を統括し、青島市の「一帯一路」新ユーラシアランドブリッジ経済回廊建設と海上協力における役割をより良く発揮し、「物流先導、貿易開拓、生産能力協力、越境発展、双園相互作用」のモデルに従って運営し、環境配慮型建設の推進に力を入れる。

 

我々は上海協力機構モデル区を上海協力機構加盟国に関連する地域との間の双方向投資・貿易・制度革新の試験区、企業創業興業の集積区、「一帯一路」地方経済貿易協力の先行区に築き上げるよう取り組み、新時代の対外開放の新たな要所を構築する。

モデル区について

連絡先

住所

山東省青島市上合示範区長江一路1号上合服務中心

郵便番号

266300

電話

852702605

ファックス

0532-85272601

重点任務

  • ビジネストラベル文化の融合の強化 ビジネストラベル文化 交流発展センターの建設

  • 生産能力における協力の強化 双方向投資 協力センターの建設

  • 貿易協力の強化 現代貿易センターの建設

  • 海洋協力センターの建設

  • コネクティビティの強化 国際物流センターの建設

建設の進展

高起点と高標準の計画配置に基づいて、上海協力機構モデル区は開放の姿勢で「上海協力機構の力」を凝集させ、各項目の建設勢力を加速させている。

プロジェクトをエンジンとし、国際物流、現代貿易、双方向投資協力、ビジネストラベル文化交流、海洋協力などの「5つのセンター」建設の推進を加速させ、蘇寧(SCO)越境電子商スマート産業パークプロジェクト、シンガポールメープルツリー物流園区、中外運スマート物流園区、上海電気、吉利衛星インターネット、上海復星SCO時光里などの進行中のプロジェクトが急ピッチで進められている。2020年11月末までに、総投資額が1871億元におよぶ73件のプロジェクトが急速に推進され、質の高い発展状況が一層明らかになった。

Powered by MetInfo 7.2.0 ©2008-2024  mituo.cn